探偵の契約書で注意するポイント


契約書で注意するポイント
探偵業界で料金表を注意しすぎると見積もりで聞いた話をそのまま鵜呑みにしてしまうことがあります。
例えば、料金に関して質問をして自分でいくつかの探偵事務所で見積もりの相場を調べたことで満足してしまい、そのまま契約までしてしまうといったケースです。

これは間違った行為ではなく、自分で料金について調べることは良いことです。
しかし、いくら見積もりで言われた料金が適正だったとしても、それはあくまで見積もりの料金です。
契約書を作成して、そこに書かれる料金が支払うことになる金額になります。契約をする段階で金額の確認をシッカリする事務所であれば問題はないのですが、もしかすると契約書の説明が不十分な業者もあるかもしれません。

これがもしも悪質な業者だった場合、契約書に依頼人にとって不利な項目を書いていることもあるので、見積もりで安心するのではなく、契約書の内容確認をキチンとして、説明を受けた上で納得できて本契約を結ぶことが大切になります。

悪質な業者の手口としては、直接調査料金に関係する項目を改竄しておくのではなく、合計調査時間を曖昧に表記していたり、または調査員の人数が明確にされていなかったりするので、注意深く見ないと気が付かないことがあります。

見積もりだけではなく、最後の契約書を作成してもらうときにも注意が必要になります。
















(C) 探偵業界の料金表の謎