探偵業の基本的な料金表


料金計算と料金表のみかた
調査料金が40万円です。
探偵へ浮気調査をおねがいして、請求された料金の例です。ほかにも一回の調査で100万円なんてふざけた金額を提示されたひともいます。

探偵へ調査依頼をするときに、ホームページをつかって料金表などをみてから、自分で見積もりを立てていた人の多くが、支払い段階で金額が大きく違ったと言っています。

そこで疑問です。


「なんで、こんなに高額な料金になってしまったの?」


この疑問にはキチンとした理由と、悪徳業者の影があるのです。

まず、探偵業の一般的な料金表を説明すると、1.基本料金 + 2.諸経費 + 3.報酬 といった感じで料金の計算をする探偵が多いと思います。
基本料金とは、調査をおこなうために動員した調査員(探偵本人の場合もあるが、一般的に調査員は探偵事務所のスタッフ)の人数と一回の調査時間を足したもので、人件費だと思ってください。

諸経費とは、依頼の調査をおこなう上で必要となる交通費や車のガソリン代、長期で遠方の調査で必要な宿泊ホテルの利用料などが含まれたもので、なかには飲食料金まで請求するなんてところもあります。

報酬について、これは探偵事務所ごとに違う扱いですが、依頼を達成したときに支払うお金のことで、見積もりの段階で説明をする場合と、最終請求書に盛り込まれている場合があります。


注意点としてネットで見た料金表を鵜呑みにして依頼をしないこと、探偵社を決めるときには正確な料金表と細かい料金内訳の説明と契約書に盛り込んでもらうこと。
そして、もっとも重要なのが悪徳業者や強引に契約を結ぼうとする業者には「NO!!」といえることが大切です。

いま紹介をした料金表の形態意外にも成功報酬制、完全成功報酬制などの探偵業者も存在しています。
この制度の解説については機会があれば後に解説いたします。


















リンク一覧

妻が夫の素行調査やっちゃいます!!
妻が夫の浮気を調べるために素行調査の依頼をする、依頼をする前に知っておきたい素行調査の内容。

良い興信所の正しい選び方
良い興信所を見つけるために、正しい選び方と見分ける方法について知りましょう。

(C) 探偵業界の料金表の謎